NPO法人チャイボラ

皆様からのご支援により安定的な施設へのサポートが可能になります。

チャイボラの活動は寄付によって
支えられています

「子どもたち一人ひとりが大切に育てられる世の中を目指して」
私達NPO法人チャイボラが大切にしているビジョンです。

このビジョンを達成するために、チャイボラでは日々子どもたちを支える職員の確保と定着のためのサポートを行っています。
しかし、施設は広報費の捻出が難しく、私たちの活動費はご寄付と助成金で賄われています。

どうか皆様の力を貸してください。
一人でも多くの職員を確保し支えることで、子どもたちが安心して生活できる環境を一緒に作りませんか?

チャイボラとは

毎月のご寄付で、できること

  • 毎月 1,000円の寄付で 50名の学生に対して施設見学会を開催できます
  • 毎月 3,000円の寄付で 450名の学生に対して社会的養護に関する授業が実施できます
  • 毎月 5,000円の寄付で 3000名に社会的養護に関する正しい情報を届けられます

    ※一年間寄付を続けられた場合

様々な理由で施設で暮らす子供がいます

社会的養護施設で生活をしている子どもたちの多くが、様々な形の虐待や不適切な生育環境で育ってきています。

ある子は、掃除がされたことがない部屋で生活をしていました。
ある子は、「お前なんか産まなきゃよかった」と何度も言われました。
ある子は、理由もわからず暴力を振るわれてきました。

そういった生育の過程で、大人を信用できなくなっている子どもたちもいます。
不安をいだき、夜眠れなくなる子どもたちや、学校での不適応行動を起こす子どもたちもいます。

そんな子どもたちの過去を理解し、今を一緒に過ごし、これからの未来を共に創造することが、社会的養護施設職員の仕事です。

  • 様々な理由で施設で暮らす子供がいます
  • 様々な理由で施設で暮らす子供がいます

児童養護施設の現状

日本全国に約3.8万人、様々な理由で施設で暮らす子どもたちがいることをご存じですか?

施設形態は複数あり、そのうち児童養護施設で暮らしている子どもは約2.5万人。
入所理由の大半は虐待で、約2~18歳までの子どもたちが暮らしています。
しかし、現在施設では子どもたちの日々の生活に寄り添い支える職員が足りていません。
それによって、複雑な環境で育った子どもたち一人ひとりに関わる時間を作れず、
十分な愛情を感じることができない子どもたちもいます。
職員の確保が比較的できている施設ですら、職員1名で8名の前後の子どもたちを見ています。
施設によっては年齢がバラバラな20名前後の子どもたちを一人で見る時間帯が発生してしまうことがあるのも現状です。
これでは、職員にどんなに想いがあっても、子どもたちにしてあげられることに限界があります。

「あと一人いれば…。」
・夜寝る時に時間をきにせずとんとんしてあげられる
・その子の行きたいときに行きたい所に連れていってあげられる
・将来のことについてゆっくり話すことができる

私達NPO法人チャイボラは、この様な課題を解決し、子どもたち一人ひとりが大切に育てられる社会を創る為に、活動しています。

  • 児童養護施設の現状
  • 児童養護施設の現状

どんな場所?児童養護施設のご紹介

月額寄付会員になると

1会員証を送付致します。

チャイボラの会員証とステッカーをお送り致します。

会員証

2会員様限定の特典情報をお送りします

fecebookの活動報告以外に、団体メンバーや職員さんのリアルな声を
会員様限定でお届けします。

特典情報

3年に1回交流会を開催します

会員様との交流会を年に1度開催しております。
もちろん、参加は自由です。
※状況応じて開催方法は変更します。

交流会

よく頂くご質問

Q 活動報告はどのようにしていますか?

facebookでリアルタイムで報告しております。
https://www.facebook.com/chaibora.4children/

Q 退会することはできますか?

いつでも退会可能です。
チャイボラ へのメール・電話でも受付可能です。

月額寄付会員
松塚沙紀さん 39歳 主婦

長男が難病で入院をした際、ボランティアのかたに色々と助けていただいことをきっかけに、私も何か社会に貢献することで恩返しができればと考えていました。そんな時、チャイボラの発信がFacebookに流れてきました。

一人の主婦のわずかな寄付ですが、
児童養護施設にいる子どもたちが大切に育ててもらえるためにつながるなら
…と、
すぐに月額寄付会員になりました。

松塚沙紀さん

日本では、社会貢献や寄付があまり根付いていませんが、
自分の子どもたちにはそういうことが自然とできるように育って欲しいと思っています。
そのためにも、まずは親である私が背中を見せ続けていきたいです。

応援のメッセージをいただきました

  • 認定NPO法人児童虐待防止
    全国ネットワーク理事

    高祖 常子 様

    高祖 常子 様

    「児童養護施設を始めとした社会的養護の施設と人をつなぐ」と言うところにとても共感します。

    児童養護施設などの施設には、さまざまな子どもたちが暮らしていますが、虐待などで傷ついたり、心が不安定になった子どもたちの心と体を育んでいく場所でもあります。
    でも施設の内容はよく知られていないし、施設と人材をつなぐマッチングがうまくできていなくて、人手不足に陥っているという現状もあります。ぜひサイト構築が実現して、子どもの成長を支えてくださる素敵な人材が集まることを期待します。
    さらに、このサイト運営などを通して、たくさんの方が児童養護施設など社会的養護に興味関心を持って、子どもたちや働く施設職員を応援くださることに期待します。

  • 元㈱ベネッセホールディングス社長
    ㈱eumo(ユーモ)最幸顧問(幸せを考える役割)
    SVP東京パートナー

    福島 保 さん

    福島 保 さん

    大山さんの志、勇気に敬意を払いつつ応援をしたいと思います。

    社会起業家の共通する点として、課題を知ったら、放っておけないということがあるように思います。

    大山さんも養護施設の課題を知り、安定した仕事を捨てて、自ら解決に取り組むことを始めました。
    最初その決断を聞いた時はびっくりしました。

    その後のメンバーとの取り組みが、徐々に周囲の理解も得ながら、 実態と広がりをみせています。
    大山さんの志、勇気に敬意を払いつつ応援をしたいと思います。

  • メディア掲載

    メディア掲載

    ・新潟情報番組「NEXT」
    ・ニッキン新聞など

  • 支援団体

    支援団体 公益財団法人ベネッセこども基金 第一勧業信用組合

    ・草の根市民基金ぐらん
    ・公益財団法人つなぐいのち基金
    ・JWLI-A基金
    ・パブリックリソース財団
    ・READYFOR株式会社
    ・公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン

東京都よりNPO法人に認定
財務情報を公開

財務情報

チャイボラの活動は寄付によって
支えられています

「子どもたち一人ひとりが大切に育てられる世の中を目指して」
私達NPO法人チャイボラが大切にしているビジョンです。

このビジョンを達成するために、チャイボラでは日々子どもたちを支える職員の確保と定着のためのサポートを行っています。
しかし、施設は広報費の捻出が難しく、私たちの活動費はご寄付と助成金で賄われています。

どうか皆様の力を貸してください。
一人でも多くの職員を確保し支えることで、子どもたちが安心して生活できる環境を一緒に作りませんか?

チャイボラとは

毎月のご寄付で、できること

  • 毎月 1,000円の寄付で 50名の学生に対して施設見学会を開催できます
  • 毎月 3,000円の寄付で 450名の学生に対して社会的養護に関する授業が実施できます
  • 毎月 5,000円の寄付で 3000名に社会的養護に関する正しい情報を届けられます

    ※一年間寄付を続けられた場合

チャイボラを応援しませんか?

寄付で応援する

寄付で応援する

施設は広報費の捻出が難しいため、チャイボラは一切施設から対価をいただいていません。全ての活動費はご寄付や助成金で成り立っています。
ぜひ、月1,000円からのご支援お願いします。

寄付をする

ボランティアで応援する

ボランティアで応援する

わずかな時間でも構いません。ご自身にあった方法で私たちと一緒に活動をしてくれるかたを募集しています。まずはお気軽にお問い合わせください。

ボランティアに参加する